読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と向き合う日々

映画やアニメなどの映像作品、音楽、プラモデルといった趣味に関して気ままに書いています。

ウォーキング・デッド シーズン7第13話 バレあり感想 遂にブレたモーガンと最強主婦キャロルのお話

TWD 感想 レビュー ドラマ

 

今回スポットライトが当てられたのはこの3人。

 

現シーズンにおける全ての登場人物の中で、恐らく冗談抜きで最強キャラの一人であるキャロル。

f:id:desno:20170317022704j:plain

血が似合い過ぎ。

 

シーズン1の頃の怯えた姿は何処へ行ったのか、

今ではもはや怯えてる姿を演じていても強キャラ臭が滲み出てしまう程の強キャラ。

ちなみに、ウォーカー舞台装置化問題の始まりを作ったのもこのキャロルです。

今回の話ではその辺りに関してベンジャミンの口からメタ的に意識させる発言も出てましたね。

ウォーカー相手どころか対人間でも複数人程度相手なら殺せてしまう怖い人。

 

 

もう一人がこちらのモーガン

f:id:desno:20170317022830p:plain

 

シーズン1の第一話でリックを助けて以来度々出てきてましたが、シーズン5辺りから本格的にメインキャラになりました。

色々あって精神を病んだりしていましたが、合気道に出会ってから心の平定を得、現在は不殺キャラというTWD世界における特異点に。

 

 

そしてこの人、エゼキエル王の右腕的な、超重役ポジションのこの人。

f:id:desno:20170317023530p:plain

マジで名前が分からない。

ダリルに一緒に救世主達を倒そうと持ち掛けたり、王国の中でも一番戦いを望んでいる人です。

エゼキエルよりも登場シーンが多いのに、やっぱり名前分かんねえ。

 

 

 

■あらすじ

悪夢にうなされて目覚めるキャロル。

どうしてもアレクサンドリアの仲間達が心配で仕方なくなり、王国へと向かう。

そこでモーガンに真実を知りたいか聞かれるが、それを一度は拒絶してしまう。

 

一方エゼキエルはモーガン達を引き連れ救世主達との供給に向かう。

途中、道が塞がれていたために救世主達との約束の時間に遅れてしまう王国の供給班。

その上、渡すはずのメロンが一個足りず一触即発の事態に。

以前、モーガンの棒を奪った(下ネタでは無い)救世主のメンバーの一人が、リチャードに銃を向ける。

死を覚悟するリチャードだが、その男はリチャードでは無くベンジャミンの脚を撃つ。

 

ベンジャミンはキャロルの隠れ家に運び込まれ処置を受けるが、この傷による出血多量が原因で息を引き取る。

それを目の当たりにしたモーガンは、思わず隠れ家を出て廃墟の街をさまよう。

 

過去に自分が殺しきった負の感情に再び支配されかけるモーガン

がむしゃらに物に当たり散らしたところ、数が足りなかった残りのメロンがそこに隠されている事に気づき、それがリチャードの仕業だと理解した。

全てはリチャードが仕組んだ事であると知ったモーガンはリチャードの元に押し掛けるが、リチャードは「俺の死で君を目覚めさせるためだった。ベンジャミンが死ぬ予定じゃなかった」と言い、それまで自分が傍観者として生きてきた結果何が起きたのかをオーガンに語る。

 

そして、救世主達に自分達が何をすべきか理解したと思わせて、

信頼を得たところで総攻撃を仕掛けるという作戦をモーガンに語った。

 

翌日、再び救世主達と落ち合う王国供給班。

そこでリチャードが救世主達に自分達が何をすべきか理解したと話そうとする。

だが、リチャードの後頭部にモーガンが棒術で一撃を加え、更に彼の首を絞めて殺害してしまった。

「今回の件は全てこの男が仕組んだ事だ。俺達は何をするべきか理解している」

モーガンはその場にいた皆にそう語る。

 

その後、モーガンはキャロルの隠れ家に向かい、彼女にアレクサンドリアで実際に何が起きたのかを語った。

 

キャロルは隠れ家を後にして、王国へと戻る。

モーガンは、キャロルの隠れ家に残り、自身がかつての師から受け継いだ不殺の象徴である棒を、ただひたすら研いでいた。

 

■感想

 

おっさんの名前リチャードだ!!

 

あらすじ書いてたら思い出しました。

 

今回の話で改めて思ったのが、救世主側で毎度供給される品を受け取るチームのリーダーとして出てくるこの人

f:id:desno:20170317025319p:plain

 

この人、救世主サイドで一番まともというか義理堅いというか、兎に角本当はすげえ良い奴なんでしょうね。

 

自分の部下の暴走のせいでベンジャミンが死んだと聞いて、マジで怒りが心頭している感じでした。

多分殺されちゃうんでしょうが、救世主側も世紀末のチンピラだけじゃないっていうのがこのキャラの存在のお陰で凄く意識させられます。

 

あと、今回久しぶりに最強おばさんキャロルが最強っぷりを見せつけてました。

f:id:desno:20170317030014p:plain

冷静に確実に有利なポジションから一体ずつ仕留める。

ダークソウルのモブ敵攻略の基本みたいな動きです。

 

もはや彼女の前ではウォーカーは障害物ですらなさそうです。

早く戦線に復帰してくれ。

 

 

また、モーガンの心象を描いた回でもあった今回の話ですが、ここまで不殺を貫いていたモーガンが最終的にリチャードを絞め殺すっていうのがもう……。

f:id:desno:20170317030244p:plain

 

モーガンが正直この先全く読めないというか、不殺キャラをいよいよ捨ててちょっと前のいかれてた頃に戻っちゃったりするんでしょうか……。

 

正直言って、結局人を殺すのかよっていうシンプルに落胆した気持ちでしか観てませんでした。

 

不殺に徹しているからこそ、これまでのモーガン由来の事件の数々は納得できた部分があるはずです。

アレクサンドリアバビディに操られた人間みたいに頭にM刻んだ人達に強襲された時も、モーガンが不殺発動して事件が起きてますし。

あれも不殺だったからこそ、その後人の可能性みたいな流れに繋がっていて良かったのに。

殺しを解禁するのも遅すぎるし、もっと今よりも殺しの解禁のタイミングたくさんありましたし。

 

兎に角モーガンの先行きは気になります。

キャロルと正反対のキャラとして最近は描かれていたっぽい部分もあるので、次にフォーカスが当たる時はやっぱりキャロルとまたセットで来るのかな。

 

 

さて、今回の犠牲者はリチャードとベンジャミンの二人です。

最近のTWDは「メインキャストの誰かがいついきなり死んでもおかしくないという

スリル」みたいな、初期の頃の売りが無くなっているという批判を結構耳にします。

 

グレンもエイブラハムも死んだぞ!!

欲張るなよ!!

もう無いから!!

 

今じゃもうTドッグみたいな死に方はメインキャラはやらないから!!

f:id:desno:20170317031617p:plain

そう言えば、この時Tドッグが命を懸けて救ったのがキャロルなんですよね……。

 

まぁ、それで新キャラが死んでもあんまりビックリしないよ!って話もまま聞くんですが、

正直今回の話でベンジャミンとリチャードが死んだのは僕はショックというかビックリしました。

てっきり彼らもリック達と一緒に戦う頃くらいまでは生き残るものかと思っていましたし。

 

新キャラとは言っても中々濃い二人でしたし。

そう言う意味では、登場人物の死というハラハラポイントは未だ健在だと思います。

 

ウォーカーに殺られる事はまずなくなったけどな!!

 

 

 

■まとめ

 

話がまた少しだけ進みました。

今回の出来事でいよいよ王国も戦う意思が芽生えた様子です。

散らばってたキャラも再集結しつつありますし。

 

ただ、やっぱりテンポが悪い感じは否めませんね。

まぁ個人的に今回の話は面白く視聴できましたが。

 

複数のコミュニティを描いていく手法は面白いんですが、掘り下げるほどそれだけストーリーの進度に影響が出てしまいますし。

良く言えばTWDの世界観を楽しめるという事ですが、悪く言えばこれいくらでも引き延ばせるんですよね。

 

なんにせよ、いよいよシーズン7中に救世主達との戦いに決着が付く可能性が薄まってきたなっていう感じです。

24の新作もやってますしプリズンブレイクの新作もそろそろですし、ゲームオブスローンズも最新シーズンの撮影始まってるみたいですし、

他のドラマも観ながらゆっくり追うのが良いですね。

 

こんなところです。

ではまた。

 

f:id:desno:20170317033156g:plain

 

正直このシーン笑いどころですよね。