趣味と向き合う日々

映画やアニメなどの映像作品、音楽、プラモデルといった趣味に関して気ままに書いています。

フレームアームズ・ガール 第1話 バレあり感想 リメンバー武装神姫(アニメ)

 

まずフレームアームズ自体を映像化するべきなのでは!!!!!

 

今更ながら1話観てきました。

f:id:desno:20170501003726p:plain

 

 

このアニメ様子がおかしいぞ……!!

 

 

■あらすじ

高校生になってひさしい源内あおちゃんのおうちにある日お届け物が来ました。

中には轟雷ちゃんが入ってました。

あおちゃん家の轟雷ちゃんは世界で唯一起動した轟雷ちゃんでした。

いろいろあって轟雷ちゃんはバトることになりました。

 

 

■感想

轟雷ちゃん「やめてください、マスター」

f:id:desno:20170501005358p:plain

 

マスター呼び……

武装神姫だこれ!!!

 

誰も覚えていないアニメ版武装神姫のマスターは男でしたね。

一応無難なデザインの男の子でしたけど、ありゃ失敗だろって当時めっちゃ思ってました。

その点、似た作風のFAGはしっかりカバーされている、というか過去の作品から学んでいるように思いました。

 

なにせマスターは普通の女子高生!!

いい感じにバカっぽく描いていますが、素直で良い子です。

いや武装神姫のマスター君も素直で良い子でしたけど。

性別の差は人気の差。

 

そして1話から無慈悲に投入されるフミカネアングル。

f:id:desno:20170501003854p:plain

俺このアニメ最後まで観るなって、確信したシーン。

 

轟雷ちゃんが届いて暫くは通常運行気味だったので「そんなもんだよなぁ」なんて思いながら観ていた訳ですが。

 

様子がおかしくなり始める兆しがあったのはここから。

f:id:desno:20170501005844p:plain

 

腰のプラグに充電器をぶっさされて妙な声が出る轟雷ちゃん。

 

これ紅殻のパンドラで観たやつだ!!!!

 

もっとこういうシーンが観たいと思いますか?

だったら早く紅殻のパンドラのBDでも買えばいいでしょ!!!

満足するだけじゃ済まなくなるぞ。

 

 

そして本格的に様子がおかしくなり始めたのはここから。

f:id:desno:20170501004246p:plain

 

ニッパーなぞ当然普通の女子高生は持っていないので管理人さんに借りてきたというあおちゃん。

その手にあるニッパーを見た轟雷ちゃんが「そっ、それはコトブキニッパー!!」などとテンション高めに言葉を発し、

このニッパーの素晴らしさについて、つい先程までニッパーの存在も知らなかったJKに語り始めます。

 

コトブキヤのド真ん中ストレートな宣伝手腕に思わずにっこりです。

 

そして始まる怒涛のパチ組み解説……!!

f:id:desno:20170501005011p:plain

f:id:desno:20170501005032p:plain

 

ビルドファイターズかな?

 

 

翌日、かどうかは知りませんが、学校に行こうとするあおちゃんですが、家に再び届け物が。

今回は箱が2つ。

f:id:desno:20170501010622p:plain

 

中には完成品のスティレットとバーゼラルドが入ってました(もちろんガールの方です)。

完成品というのはつまり、装甲も武装も装着済みの状態↓って事です。

f:id:desno:20170501010837p:plain

宅配便でお届けされる必要ないんじゃないかとかそういう無粋な突っ込みはしませんよ。

宅配便で届けられる必要ねえだろ。

 

あと、スティレットちゃんが出てきたシーンのBGMのベースラインがとても宜しい。

スラップが効いたBGMってのは良いものです。サントラ買いますね。

 

なんだかんだあって、バトルが開始されますが、

このバトル方法って、セッションベースにセットしたFAGを反映した機体データを用いて、アプリと連動させてバーチャルでやり合ってるって事ですよね?

ガンプラバトルの上位互換!!

f:id:desno:20170501011224p:plain

BFよりもコンパクトなセッションベース。

 

バトルシーンは、最近じゃオーソドックスなCG描画でしたね。

僕は放送版ブレイブウィッチーズのバトルCGくらいの粗いものでも難なく楽しめるので、今回も普通にワクワクで観てました。

 

あと、変身バンクがあるのが中々良いですね。

この辺りは一部の層をしっかり掴みに来ている感がありました。

 

f:id:desno:20170501011932g:plain

 

で、バトルのダメージ表現ですが、FAG自体はあくまでくみ上げたものが反映されてるってことっぽいので本体の破損とかは描写されてませんでした。

これは女の子傷つけるクソアニメ呼ばわりされない為の配慮もあるんでしょうが、代わりにダメージの表現はHP表示形式になってました。

f:id:desno:20170501012256p:plain

 

デュエル、スタンバイ!!!

 

 

そんなこんなで轟雷ちゃんが機転を利かせてスティレットを倒し、スティレットの誰もが予想していたツンデレを発動し1話は終了。

 

エンディング曲のベースラインのアレンジのあらぶり方が凄いですね。

Aメロのギターリフの繰り返しも独特です。

やたら個性的な部分がある曲だと思ったら案の定MONACAの参加クリエイターの一人、広川恵一さんが作曲してました。

これは買いだわ。

 

ちなみにMONACA参加クリエイターの中だと僕は田中秀和さんがダントツに好きです。

V字上昇victoryのバンアパ感マジでとんでもないぞ。

 

 

 

全体的に、バカ加減が気持ちのいいアニメでした。

世間的な評価は分かりませんが、この手のアニメ大好きな僕としてはたまりません。

 

なにより、この作品が成功すれば奇跡が起きて武装神姫のアニメ2期が来るかもしれないですし応援します。

 

■まとめ

色んなアニメの面白い要素を混ぜ合わせているような印象がありました。

あと、次回予告での頑ななボディスーツ推し、

パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

という伝説的なキャッチコピーを想起せざるを得ません。

 

ていうかワールドウィチーズシリーズの次のアニメ化まだかよ。

 

 

こんなところです。

ではまた。

f:id:desno:20170501013415p:plain

オープニングの一番最初のカットでボディスーツ(パンツ)持ってくるとか高村和宏監督作品かと思ったわ。