趣味と向き合う日々

映画やアニメなどの映像作品、音楽、プラモデルといった趣味に関して気ままに書いています。記事の検索はタグか検索枠からどうぞ。

フラッシュ シーズン3 第5話~第8話 まとめてネタバレあり感想 この4つのエピソードで描かれた内容は今後重要になってきそうなものが多いね

 

ここまで観て確信しましたが、シーズン3はホントやべえ。

超おもしれえ。

 

でも、未来を読めるヴァイヴの能力とかフラッシュポイントに関してとか過去改変とか他の世界線の地球の存在とかもう要素がてんこ盛りすぎて頭こんがらがるよね!!!!

 

f:id:desno:20171130045435j:plain

 

 

 

 

 

■第5話 感想

 

今回の話はあれですね。

メインストーリーはフラッシュの活躍に非ずですね。

巨大な怪獣が街を破壊しまくる訳ですが、これはメタヒューマンでもなんでもなく単なるホログラムだったって話です。

f:id:desno:20171130012244j:plain

CGっぽさ隠そうともしてなくて、最初コイツが出てきた時にその違和感に眼が逝ってしまいましたが、

ホログラムだったと知った今、この雑なレタリングは意図的なものだったのではないかと思いました。

 

 

バリーとジュリアンのギスい関係が、今回の事件を通して少し改善します。

要はメタ的に言えば、怪物事件はこの展開の為のダシに過ぎない感じでした。

 

また、新しく来た剽軽なウェルズに関してもどんな人物なのかが描かれました。

そしてケイトリンもちゃくちゃくとメタヒューマンとして目覚めていると。

 

第5話はこういう、キャラクター周りで進展が在った感じですね。

 

 

 

 

■第6話 感想

 

 

シーズン3からの全ての話の中で今のところ一番面白い話でした!!

 

メタヒューマンとしての力を発現してしまった事に悩むケイトリンと、

アルケミーによって別世界でフラッシュとして活躍していた時の記憶を見せられ、力を得たいと考えるウォリー。

この二人の対比が物語のメインだったと思います。

 

ところが、後半からの、特にアルケミーとの初顔合わせ辺りからの盛り上がり方が凄かったですね。

ていうかアルケミー自身はなんかもう劣化版ダース・シディアスみたいな小者感が漂ってて、このドラマの伝統ともいえる哀愁のあるボスキャラとしての空気を早くも纏ってしまっていました。

f:id:desno:20171130021216p:plain

 

 

 

で、その後からの展開が怒涛すぎてポテチが進むわ!

スピードの神と名乗る、サビターなるキャラが登場しました!!

サビター!!

青色の人型インターフェイスでも、プロレスラー兼配信者でも無いですよ!!

サビターです!!

 

スピードの神って!!

スピードフォースの化身的な事なの!?

教えて原作知ってる人!!!

 

 

そういえば、このタイミングでジュリアンが急に姿を消したのって。

 

もしかして劣化シスの暗黒卿と死喰い人の夢のコラボですか? 

 

 

 

 

■第7話 感想

 

直ぐ上に、シスと死喰い人のコラボとか書いた矢先ですが、

ジュリアンがアルケミーだったねえええええええ!!!!?????

 

 

という、最後にぶっこまれた最高潮のクリフハンガーのせいでそれまでの話が吹き飛びかけましたが、

今回は、キラーフロストお姉さんのお話。

ケイトリン回でしたね。

f:id:desno:20171130032231p:plain

 

 

いつかバイブで夢見たケイトリンVSシスコがちょびっと実現しつつ、バリーとシスコが再び険悪になりつつ、ウォリーがスピードスターになり

そしてアルケミーはジュリアンでした、と。

 

 

いやホント詰め込んだな今回wwwwww

 

 

サブタイトルはキラーフロストで、実際悪堕ちケイトりんをバリーが話術で救い出すまでがメインストーリーではあるんですが、

その中で色々と要素をぶっこみまくっていて、

第6話の興奮をたやすく超えてきました。

 

 

というかジュリアンがアルケミーと分かった今、

こいつもうマジで死喰い人にしか見えねえんだけど。

 

 

 

■第8話 感想

 

アローバース全員集合回!!

 

ちょくちょく忘れますよ、フラッシュがアローのスピンオフだったって事ね。

今回のスピンオフは過去最高規模のコラボでした。

f:id:desno:20171130043107j:plain

 

というかアローバースは今や4作品にまで渡って繋がってますしね。

言わずもがな大元の『アロー』に、今回の話のメインとなる『フラッシュ』

サイドキック達による時空歪ませ隊『レジェンド・オブ・トゥモロー』

そして公式にバースに加わった『スーパーガール』。

 

フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『スーパーガール』の3作品はhuluで観られます。

あと、今回のお祭りには出てませんがドラマ版『コンスタンティン』も観れます。

俺はこれから観ます。アローに出てきたんだってね!!アローバースだったんだね!!

 

が、大元の『アロー』に関してはネトフリなんですよね。

かゆいところに手がね。

ねぇ。

 

 

なんでみんなが大集合したかと言うと、ドミネーターとかいう異星人が攻めてきたので、バリーが仲間を集めて立ち向かおうとしたわけです。

という事で敵はドミネーターという異星人達。

 

異星人の脅威から地球を守るために集まった各界のヒーロー達……。あ、アベン……、じゃ、ジャスティス……。

 

まぁでもこのテンプレは何度見ても面白い奴だから許せるよね。

 

 

そしてこの極めてお祭り感の強いコラボの中にあって、

フラッシュポイントによるバリーの時間軸改変叩きタイムを尚もぶち込んでくるスタッフの無情さ。

 

もういいよもう十分だ……。シスコとバリーが険悪なのを観ているだけでもメンタルが削れるのによぉ……。

 

過去に行って色々頑張ってるレジェンズの皆さんによるバリー批判は正直どうかと思うけどね。

 

いやでも待って!!!

フラッシュポイントで改変された世界に居るレジェンズ達は、

フラッシュポイントとは違う軸の存在な訳で、

つまりあの場に現れた彼らは やっぱり微妙に違う過去に行っていたはずで、

でもそれだと今度は彼らの改変がバリーにも影響している訳で、

 

 

 

 

 

 

 

 

といった具合でもう思考と感情が整理つかなくなってきそうな視聴者のメンタルケアの為なのか、スーパーガールをやたら映してくれた。かわいいよね。

 

 

なんだかんだ言ってドミネーター達と戦いが始まる

かと思いきや開幕マインドコントロールによってチームメンバーが皆アロー兄貴とバリーに襲い掛かる!!

 

どうやらフラッシュ側で描くのはドミネーターとの戦いその1的な感じで、

決着というか続きはアローの本編とレジェンズで描いていくみたいですね。

 

もやもやするぜぇ……。

 

 

と思ってたら、今回の一連のドミネーター周りのエピソード3作品を一本にまとめたものがリリースされているとの事!!

 

 

ただ、ヒーロー同士の戦いってベタですけど面白いですし、

フラッシュとスーパーガールの競争も観れますし、今回のコラボエピソードもかなり面白かったですね。

 

もちろんコラボ要素に行き過ぎず、フラッシュ本編としても進展を見せてますし。

特にウォリー周りね。

 

ヤバい方のウェルズによって今後ひそかにトレーニングをする模様。

嫌な予感しかしないからホントそういうのは。

 

 

 

 

でもやっぱりバリーとシスコ早く仲直りしてくれねえかなって、そういう気持ちが常に視聴中に出てくるのは、今回のお祭り回でも変わりませんでした。

 

 

■まとめ

 

スピードスターのバーゲンセールだよね。

いやでも原作からしてそうみたいですしね。

ウォリーも原作でフラッシュですし。

 

今シーズンは多分バリーの後悔とその先を描こうとしているのはここまででだいたい分かりました。

諄いほど出てくるフラッシュポイントと改変された世界に関する話、

更には別の時間軸の力を引き出せるアルケミー、

要素が濃いですね。

 

これはどこかでまた世界線の改変的な、バタフライエフェクト的な事になっていくのでしょうか。

楽しみです。

 

ではまた。