趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。これまでこちらのブログで更新していたプラモ等の記事は近々別のブログを作ってそちらでやっていこうと思います。カテゴリ枠増設しました。

映画感想

機動戦士ガンダムNT(2018年・日本) バレあり感想 ストーリーはシンプルに面白い。MS戦は超盛り上がる。でもニュータイプに関する見解には思うところがある。

宇宙世紀ガンダムの完全新作かつ単品の映画作品という事もあり非常に楽しみに待っていました。 単品の作品ではあるものの、宇宙世紀を舞台にした一連の作品は全てどこかしら繋がっています。そして今作に関しては実質『機動戦士ガンダムUC』の後日談といった…

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年・アメリカ) バレあり感想 魔法生物要素はおまけ。グリンデルバルドにお辞儀をするのだ。

ハリーポッターシリーズのスピンオフ第二段。 ファンに向けたサービス要素が沢山ありました。 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD) ポスター/スチール写真 A4 パターン15 ファンタスティ…

メメント(2000年・アメリカ) バレあり感想 作品の難解さ自体が面白い。

クイズ解くの面白いよね的な。 この作品は時系列シャッフルで難解さを出しているので、シーン一つ一つに物凄く集中できるので、観ている最中常に脳がフル回転します。 『メメント』 (Memento) メメント (字幕版) youtu.be 出会って5秒でネタバレしたい。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年・アメリカ) バレあり感想 この世界のメンタリズム相変わらず万能すぎん?

『グランド・イリュージョン』の続編です。 前作の感想記事はこちら↓ dsnblog.hatenablog.com 非常に続編らしい続編といった感じの映画でした。 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』 (Now You See Me 2) グランド・イリュージョン 見破られた…

ボヘミアン・ラプソディ(2018年・イギリス アメリカ) バレあり感想 とにかく最後のライブシーンが凄まじい。映画館で観るべき。

日本でも未だに人気であり、世界的にもレジェンドバンドとして認知されているバンド、Queen。 そのQueenのボーカルであるフレディ・マーキュリーを主人公に、彼らの歩んだ道のりを映像化した映画です。 一部の時系列なんかを実際の出来事と異なる展開にして…

イット・フォローズ(2014年・アメリカ) バレあり感想 不気味な存在に追われるというより、追われてる状況が怖い。

童貞には絶対に見えない何者かとのフリースタイル形式鬼ごっこ。 童貞でも楽しめる映画です。 『イット・フォローズ』 (It Follows) イット・フォローズ(字幕版) youtu.be ネタバレありと書きつつ、意外とネタバレしてない気がする俺の感想記事。

ヴェノム(2018年・アメリカ) バレあり感想 ダークヒーロー映画だったわけだが。

予告とかで抱いていた印象とかなり違った内容でした。 期待していた方向性とは違ったものでしたが、これはこれで面白いです。 『ヴェノム』(Venom) ポスター/スチール写真 A4 パターン4 ヴェノム 光沢プリント 出版社/メーカー: 写真フォトスタンド APOLLO…

ハードコア(2016年・ロシア&アメリカ) バレあり感想 "ゲーム的"という部分に面白さを集約した感じ。

日本公開は2017年。 全編一人称視点の映画という事で話題になっていた映画です。 この一人称視点というのも言わばゲーム感を演出する為の一要素なのではないかと個人的に思いました。 かなり人を選ぶ映画だと思います。 でも最近のアクションゲーム好きな人…

ダイバージェントNEO(2015年・アメリカ) バレあり感想 箱の中身は何じゃろな。

前作より面白いです。 そんなシリーズ二作目です。 『ダイバージェントNEO』(The Divergent Series: Insurgent) ダイバージェントNEO(字幕版) 発売日: 2016/01/29 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る youtu.be

ダイバージェント(2014年・アメリカ) バレあり感想 中盤まで学園ラブコメみたい。コメディ要素ほぼ無いけど。

ハンガーゲームとかメイズランナーとか、トワイライトでもいいですけど、 とにかくそういう類の若めの層に向けた映画の一つです! 見どころは世界観と設定だ。 ちなみにシリーズ第一作目です。 『ダイバージェント』( Divergent) ダイバージェント(吹替版)…

ゾディアック(2007年・アメリカ) バレあり感想 狂気と狂気がぶつかり合った結果、素晴らしい本が出来たというお話。

実話を元にした映画の中でも、個人的にこの映画が一番好きかもしれません。 デヴィット・フィンチャーが監督やってるっていうのもりますが、とにかくお気に入りの作品です。 そんで今回改めて観てみて思ったんですけど、出演してる役者が豪華すぎてエライ事…

トライセンデンス(2014年・中国・アメリカ・イギリス合作) バレあり感想 傑作すぎるだろ。人類に訪れるかもしれない次の段階と可能性を描いた映画。

現実問題として、近い未来必ず訪れるであろう技術的特異点(シンギュラリティ)、劇中ではこれを超越(トライセンデンス)と表現します。 この映画は、そんな超越を題材にした物語です。 『トランセンデンス』(Transcendence) トランセンデンス(字幕版) …

ダークシティ(1998年・アメリカ) バレあり感想 超能力、宇宙人、箱庭実験、そして……。

異色のSF、というキーワードがとても似合う映画です。 Huluで観ました。 『ダークシティ』(Dark City) ダークシティ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る youtu.be

ビール・フェスタ 無修正版 ~世界対抗・一気飲み選手権(2006年・アメリカ) バレあり感想 二十歳を過ぎて酒飲めるやつ、この映画を観るときは酒の準備を怠ってはいけない。

格闘技に地下格闘技があるように、ビールの祭典にも裏の世界がある。 それがビールフェスタだ!! 成人の皆さまに於かれましては、この映画を観るときはお酒の準備を忘れずに! 俺はあまりのビールの飲みたさに深夜4時にコンビニに駆け込むハメになりました…

セントラル・インテリジェンス C.I.A.(2016年・アメリカ) バレあり感想 思春期のトラウマって中々克服できないもんだよね。

かつては高校のヒーローだったものの、今は冴えない会計士の男。 かつてはいじめられっ子だったが、今やCIAの諜報員となった男。 そんな二人の男がメインのコメディ映画です。 『セントラル・インテリジェンス C.I.A.』(Central Intelligence) セントラル…

咲-Saki-(2017年・日本) バレあり感想 咲を知っているか知らないかで評価が全く変わるおもしろ映画。

この映画を真に楽しむまでに踏破するべきステップは多いです。 しかしその先に待っているのは、これまでの日本の実写化映画作品に感じるソレとは明らかに異質な、かなり広義な意味合いでの漫画的な面白さです。 咲を知ってるならマジで観るべき。 僕がそんな…

アイアムアヒーロー(2016年・日本) バレあり感想 ゾンビ映画としても漫画の実写化映画としても大当たりだこれ。

ここをキャンプ地とする (富士ロイヤルアウトレットパークにて) 『アイアムアヒーロー』 アイアムアヒーロー youtu.be

殺人ゲームへの招待(1985年・アメリカ) バレあり感想 トリッキーに魅せる巧妙なコメディ風ミステリー。或いはミステリー風コメディか。マルチエンディングもあるよ!

この映画、僕の好きな映画レビュアーの方々の多くがオススメに名前を挙げていてずっと気になっていました。 今回Huluでようやく観る事が出来たんですが、これは確かにオススメしたくなりますね。 原作に当たるものがイギリス発祥のクルードというボードゲー…

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年・日本) ざっくりバレあり感想 

原作のファンで、アニメも劇場版も神と神もほぼすべて観ていて、ドラゴンボール超にはまだ手を付けてない僕が観た復活のFのざっくりした感想。 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 ドラゴンボールZ 復活の「F」 youtu.be

青鬼 (2014年・日本) バレあり感想 鍵を握るのはドアバグなのか。『青鬼』を知っているのなら、この映画はとても楽しめる。

『青鬼』って実写映画化されてたんですよね。 青鬼は元々RPGツクール製のフリゲで、ニコニコ辺りに投稿されたゲーム実況系の動画で人気に火が付いて一躍メジャーになったゲームです。 『ゆめにっき』という先行例もあり、RPGツクールやフリーゲームに再度注…

ザ・プレデター(2018年・アメリカ) バレあり感想 いまいちパッとしない。けど好きな部分もある。

いまいちパッとしない(明度的な意味で)。 『ザ・プレデター』(The Predator) youtu.be

MEG ザ・モンスター(2018年・アメリカ) バレあり感想 サメ映画界に激震走ってそう。

サメ映画なのにすげえしっかり作られてる……。 どういうことだ、これサメ映画なんだろ……? 遂にサメ映画界もここまで来たのか。 そんな驚きに満ちた映画でした。 そもそもサメ映画=クソ映画という前提は間違っているという事を再認識するところから始めない…

【プレデター】新作がそろそろ公開されるのでざっくりシリーズを振り返る ※ネタバレあり

2018年9月14日にプレデターシリーズの最新作『ザ・プレデター』が公開されます。 立ち位置としては初代プレデターの直接的な続編という事らしいです。 そうなってくると『プレデター2』と『ザ・プレデター』の二作品の立ち位置がどうなるかとかわりと気にな…

ワイルドスピードx3 TOKYO DRIFTは今改めて観たらきっと面白いと思う。

ワイルドスピード(The Fast and the Furious)シリーズは今や計8作品も制作されている超人気大作カーアクションムービーです。 今更僕が概要なんて書く必要が無いくらい有名なシリーズですね。 またこのシリーズ、一度人気が落ち込んでから奇跡の大復活を果…

バリー・シール/アメリカをはめた男(2017年・アメリカ) さくっとバレあり感想 

最近トム・クルーズの映画ばっか観てる気がする。 『バリー・シール/アメリカをはめた男』(American Made) youtu.be

アントマン&ワスプ(2018年・アメリカ) バレあり感想 ヒーローの活躍っていうより家族の物語がメインかも。あと、最後のあれね。

「いやしかし良い映画だった。 こんなに暖かくてハッピーな映画は久しぶりに観た。 良い気持ちで劇場を出られそうだ」 と思った矢先の出来事でした。 『アントマン&ワスプ』(Ant-Man and the Wasp) youtu.be

カメラを止めるな!(2017年先行公開・日本)やんわりとネタバレあり感想 この映画マジで何度でも観れる。色んな意味で。

こんなに楽しい映画観たのは久しぶりです。 『カメラを止めるな!』 youtu.be

オーシャンズ8(2018年・アメリカ) バレあり感想 オーソドックスなクライムムービーとして再構成されたオーシャンズシリーズ最新作。

そう言えばこのブログの最初の映画感想記事ってオーシャンズシリーズだったんですね。 しかも三作全部の感想書くでも無く『オーシャンズ13』だけ感想記事書いてないし。 中途半端なところは健在ですが今後も末永くよろしくお願いいたします。 『オーシャンと…

ザ・フューリー 烈火の戦場(2014年・アメリカ) バレあり感想 邦題がやらかしてるけど上質な戦争映画です。戦車映画としても良い出来。

僕達は『ハートアタッカー』で学んだはずです。 下手なノッカリ系二番煎じの邦題映画の中にも名作があるのだと。 『SAINTS AND SOLDIERS: THE VOID』(ザ・フューリー 烈火の戦場) youtu.be

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年・アメリカ) バレ無い感想  

たまにはネタバレほぼ無しで。 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(Mission: Impossible – Fallout) youtu.be