趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。これまでこちらのブログで更新していたプラモ等の記事は近々別のブログを作ってそちらでやっていこうと思います。カテゴリ枠増設しました。

1/144 ヌーベル・ジムⅢ(改修機) 改造ガンプラ/HGUC ジムⅢ改造

 

これもまた、R・ジャジャ(キャラ・スーン機)と同時期に、

某所のプラモスレでの祭りに参加する為に制作したものです。

 

 

『ヌーベル・ジムⅢ(改修機)』

f:id:desno:20180105035947j:plain

 

そもそもジムⅢってジムⅡから改修されたものと、新造されたヌーベルジムⅢの2タイプが存在していて、

ヌーベルジムⅢはそういう意味で最新型なので改修もクソも無さそうなんですが、

如何せん俺の技量でオリジナルのヌーベルジムⅢをHGUCの改造で再現するのが無理だったので、こんな名前になってます。 

 

 

 

 

 

 

■正面

 

 

f:id:desno:20180105040557j:plain

胴体から下半身まで、ほぼHGUC 1/144 ジムⅢ』のままです。

HGUC 1/144 RGM-86R ジムIII (機動戦士ガンダムZZ)

HGUC 1/144 RGM-86R ジムIII (機動戦士ガンダムZZ)

 

 

そもそもがジムⅢのバリエみたいなもんですしね。

バリエというかカトキハジメの初期稿のジムⅢがヌーベルジムⅢですし。

確か。

 

ただ、ダクトが二重になっていたりしてより重厚なイメージになっているので、

改造でそれを再現しようと頑張ってました。

 

 

 

■背面

 

f:id:desno:20180105040559j:plain

 

背中なんてほんともうまんまジムⅢですね。

改造した点はほぼありません。

 

 

というか本体の変更点って、腕部をガンダムMk-Ⅱのものにして、

頭部をそれっぽく改修して、

胴体を二重ダクトにするくらいです。

 

そこまで大掛かりな改造してないのに何故かものすごく手間がかかった思い出があります。

 

 

武装

 

f:id:desno:20180105040608j:plain

主兵装にガンダムMk-Ⅱのビームライフルを持たせてます。

ライフル下部にグレネードランチャーを搭載してるタイプ。

カトキバーザムとかにも付いてるやつです。

 

これもガンダムMk-Ⅱのバズーカを切り詰めて適当に接着するだけでお手軽再現できるので作ってて楽しかったです。

 

 

他の武装、特にミサイル類はジムⅢのものをそのまま使用してます。

ベース機のHGUCジムⅢそのままなのでもちろん取り外しも可能です。

 

 

 

■顔と胴体

 

f:id:desno:20180105040614j:plain

このあたりが主な改造点ですね。

あとはフロントアーマーも若干ディティール変更してヌーベルっぽくしてます。

顔の再現がどうしても出来なくて苦労しました。

で、結局再現するのはやめてオリジナルの顔にしちゃったわけ。

 

HGUCジムコマンドのガワにジムⅢの耳パーツとかを組み合わせてる感じです。

 

 

 

■まとめ

 

HGUC ヌーベル・ジムⅢが早く欲しいです。

 

f:id:desno:20180105040621j:plain

HGUCジムⅢにHGUCガンダムMk-Ⅱをミキシングして色々整えた感じで作りました。

ガンダムMk-Ⅱはリバイブ版では無く旧HGUC版です。

 

リバイブ版を使えばもっとこう馴染みよく改造できたのかもしれません。

 

顔がほぼオリジナルになってますが、

個人的に今まで作った改造ガンプラの中で一番好きです。

 

 

ではまた。