趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。

フレームアームズ・ガール ネタバレ感想レビューまとめ 

 

そういえば今のところFAGだけなんですよね、このブログで全話感想個別に書いたアニメ。

でもそのくらい好きだったアニメって事です。

ぼちぼち組んだFAガールのレビューとかも記事書きます。そのうち。

 

huluで今も全話観れますね。未だに垂れ流し視聴してます。

Huluオススメ

 

フレームアームズ・ガール

f:id:desno:20180128194902j:plain

 

 

■第1話

 

まだこのアニメの神髄を知らない頃。

テンションを測り兼ねて、様々な作品との類似性の着目にほぼ終始。

なにやってんだ。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

 

■第2話

 

突如登場した百合要素に気分上々。

まだあおちゃんを冷静に観てる頃。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第3話

 

後に凄まじいポテンシャルを見せつける事で僕の中でナンバー1FAGに君臨することになるマテリア姉妹の登場。

この時点では言いたい放題ディスり放題。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第4話

 

そろそろこのアニメがどこかおかしい事に気づき始めてますね。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第5話

 

いかれた内容、高品質なアニメーション、そしてあおちゃんの可愛さに蝕まれ始めています。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第6話

 

この辺りは今でもよく覚えています。

意識はもう完全にあおかわに支配されている。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第7話

 

どうしたコトブキヤ

おかしくならないと出来ない展開の応酬。

こういうのを神回って言うのではなくて?

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第8話

 

OPアニメーションがここから手描きになりました。

拘りが凄いんだから。

 

この頃になってマテリアのポテンシャルにようやく気付く始末。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

 

■第9話

 

完全なるあおちゃん弄り。

今にして思うと、このドタバタ感は原作版『ドラえもん』なんかに通じる空気があります。

ギャグの本質。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第10話

 

脳内がすっかりハッピーボーイ状態でしたが、シリアスの空気を感じ取って勝手に悲観してますね。

まさかあんな最終回になるだなんてこの頃は知らないんですから仕方ないです。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第11話

 

ふれず回。

笑えるほどふれず掘り下げたせいで誰もが確信したその末路。

dsnblog.hatenablog.com

 

 

■第12話

 

良い意味で綺麗な終わらせ方とは言えないし意味が解らない事が起こりすぎていて、結果それがもう全て好きなんだと気づく。

 

まだ観たこと無いなら一度は通して観てみてください。

このアニメ何かおかしい。

dsnblog.hatenablog.com