趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。

【フィギュアレビュー】コトブキヤ ガールズ&パンツァー最終章 1/7スケール ダージリン ココス制服ver.

 

俺が店長なら、このイギリスかぶれの女戦車乗りに時給2000円は出すね。

 

f:id:desno:20180727025531j:plain

 

 

 

 

 

とりあえずパッケ―ジから。

f:id:desno:20180727030057j:plain

 

 

ダージリン……!!! 前髪が!!!

 

 

普通に前髪のパーツ喪失した状態で届いたので焦りました。

開封したらしっかり箱の中に転げ落ちてましたけど。

ダージリンはやっぱり何かそういうツキを持ってるキャラなんだな。

 

 

 

 

前髪もしっかり装着して、お皿にお茶もセットしていざ鎌倉。

f:id:desno:20180727030545j:plain

 

何でしょうか、この物凄いドヤ感というか。

オーダー取り間違えても平気な面してそう。

 

 

 

背面。

f:id:desno:20180727030915j:plain

 

腰に着いている青いリボン?が物凄いコスプレ臭を醸し出しています。

席に案内する時にお客様にガン見されてそう。

 

 

 

個人的にこの角度が一番好みです。

f:id:desno:20180727031218j:plain

 

左腕の遊ばせたようなポジションがダージリンらしからぬエリートバイト感を出している気がします。

ダージリンは天然であれ。

 

このダージリン、脚が非常に良いですね。

脚フェチには堪りません。

 

 

パケ裏の製品画像と比較。

f:id:desno:20180727031553j:plain

右に光が当たりすぎてて箱の方が白強めになってしまってまいました。

 

コトブキヤのフィギュアって本当に塗りがキレイです。

デコマスの段階から劣化している事もほぼありませんし。

 

そして相変わらず顔パーツもアニメでのイメージにとても近い作りになっています。

この辺りがコトブキヤの凄いところだと思います。

 

 

 

 

以前発売されたダージリン水着ver.と一緒に。

両方とも1/7スケールです。

f:id:desno:20180727031920j:plain

ドヤャァ……。

 

 

これまでも、おそらくこれからもダージリンさんが立体化されるときは基本はドヤ顔なんでしょうね。

それだけに、このココスver.の限定版についていた笑顔の表情パーツが欲しかったです。

僕が買ったものは通常版なのでドヤオンリー。

 

 

 水着の方も同じくコトブキヤ製です。

水着ver.とココスver.の原型師はそれぞれ別の方かもしれません。

同じメーカーが出した同じキャラでも、フェイスパーツの作りやら脚のラインやらが微妙に違う気がします。

 

でも両方ともしっかりダージリンです。

フィギュア原型師って凄い。 

 

 

 

そんなわけでダージリン ココスver.のレビューでした。

フィギュアレビューは簡単な記事になりがち。

 

発売決定から半年くらい待った気がしますが、待った甲斐があるだけのクオリティがありました。

f:id:desno:20180727032541p:plain

 

ネームプレートがおもしろポイント。

ではまた。