趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年・日本) ざっくりバレあり感想 

 

 

原作のファンで、アニメも劇場版も神と神もほぼすべて観ていて、ドラゴンボール超にはまだ手を付けてない僕が観た復活のFのざっくりした感想。

 

 

 

ドラゴンボールZ 復活の「F」

ドラゴンボールZ 復活の「F」

ドラゴンボールZ 復活の「F」

 

youtu.be

 

 

 

神と神が原作コミックスの魔人ブウとの戦いの後の話で、時系列的にその次に当たるということだけ知った状態で観ました。

GTはパラレルだとかアニメ時空と漫画時空だとかそういうのは一旦忘れた状態で観たんで詳しい設定やら物語の繋がりやらは置いておきます。

 

なんだか、フリーザに対する印象が色々と変わる映画でした。

言っても部下の事を大切にする良い感じのボスってイメージが無くも無かったフリーザ

ネット上でも度々ネタ的に上司にしたいキャラで名前があがったりもしていましたね。

 

しかし、この映画のフリーザは自分の大切な部下をギャンギャン殺していました。

より"悪"っぽい印象を与える為のシチュエーションだと思いますが、その後のフリーザは圧倒的悪とパワーで悟空やベジータを圧倒するでもなく、地球一派との力の差にグヌヌしてる事が多く、部下に対して恐怖政治的振る舞いはするけれど強大な敵にはイマイチ敵わないぜ!的な小者感だけがマシマシされたように思いました。

 

それでもなんとかゴールデンフリーザに変身して、スーパーサイヤ人ブルーになった悟空を巻き返したかと思いきや、慣れない変身に体力が追い付かず次第にまたグヌヌし始めます。

 

悟空は変身に身体を慣れさせる必要性にかなり昔に気づいてました。それこそフリーザ戦の後の、セルゲームの時期に。

故にフリーザの弱点にもすぐ気づきます。

結局、経験値が全てって話。

 

 

今回の映画、本気出してトレーニングつんで己の能力に磨きをかけた本気フリーザの逆襲の話ですが、

最後には大嫌いなサイヤ人が二人も青色に光ってフリーザを交代で嬲るという、中々に哀愁が効いた映画でした。

 

昔の人気キャラの復活とドラゴンボールらしいインフレのバランスをどうとるのか、その答えとしてこういう展開は僕は正直アリだと思います。

インフレの世界を突っ走る最新バージョンの悟空達を、復活して本気出したフリーザに圧倒させるのでは無く、

経験値の差に着目して、フリーザ側に現実を突きつけるような落とし方。

 

たまにはこういうドラゴンボールの映画があっても良いです。

 

 

 

そういえば、次のブロリーの映画、あれってもしかして超観ておかないとダメ時空の話なんでしょうか。

この映画のラストではフリーザはまた木っ端微塵になってしまいましたが、ブロリーの予告見るとガッツリ出てくるっぽいですし。

超の方では宇宙消滅を賭けた戦いで悟空とフリーザが共闘してるという話も聞きましたし。

 

 

ではまた。