趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。これまでこちらのブログで更新していたプラモ等の記事は近々別のブログを作ってそちらでやっていこうと思います。カテゴリ枠増設しました。

翔んで埼玉(2019年・日本) バレあり感想 埼玉以外もイジるからこそ埼玉が栄える。

 

観客に女性が多かった理由を知るのに、さほど時間は要さなかった。

 

『翔んで埼玉』

【映画パンフレット】翔んで埼玉 監督 武内英樹 キャスト 二階堂ふみ, GACKT, 伊勢谷友介, ブラザートム, 麻生久美子, 島崎遥香, 成田凌,

【映画パンフレット】翔んで埼玉 監督 武内英樹 キャスト 二階堂ふみ, GACKT, 伊勢谷友介, ブラザートム, 麻生久美子, 島崎遥香, 成田凌,

youtu.be

 

 ネタバレ含む。

 

 

ストーリー

 

埼玉県民がアイデンティティを取り戻す。

 

 

 

感想

 

 

埼玉だけに留まらず、東京神奈川以外の関東五県総イジリをして頂ける映画、

かと思いきや栃木さん……。

栃木には何か触れてはいけない深い闇があるのか。

 

 

 

 

東京及びそこに隷属する千葉と埼玉との確執と戦いを、ラジオから流れる都市伝説という形式でキツめにDISりを交えながら描いたコメディ映画でした。

原作漫画は読んでいませんが、パタリロの作者さんですし安定して面白いでしょうね。

 

都市伝説、というには余りにもフィクション性が高すぎる展開の応酬で、何故そんなまわりくどい形で話が進むのか疑問に思いつつ観ていましたが、

クライマックス後に明かされるオチのパートでその辺りは回収されていました。

しかも極めて都市伝説要素強めに。

 

 

簡単に言えば日本国内は知らぬ間に埼玉型にフォーマットされているんだよ、という落とし方でしたね。

生活インフラや人員に留まらず、埼玉の”空気”そのものを国内に散りばめ、いつの間にか国内は埼玉に溢れている、という流れをエビデンスと共に提示するこのオチ。

 

こういった別ベクトルの面白さを含む要素も組み込んでいるところが個人的に好きです。

結局これもイジりではありますが。

 

 

 

 

 

で、本編そのものの感想なんですけど、

この手のバカ映画ってやっぱどこかわざとらしい、あざとい笑いどころとかを造りがちなイメージが僕にはありました。

でも翔んで埼玉に関しては、あまりそういったあざとい笑いどころって見当たらなかったように思います。

 

関東イジりという軸がしっかりしていて、観ている側も申し訳なさなんか微塵も感じずにそれを笑える空気感もしっかり作ってくれますし、良い映画だと思いました。

演技やキャラクターの描き方も、世界観が世界観だけに邦画特有のわざとらしさが良い方向に作用しているようにも思います。

 

 

僕はちなみに今回、埼玉県内の映画館でこの映画観ました。

要所要所で結構な笑いが起きていて、埼玉県民の皆様的にはここがツボなんだなとかそういう部分も楽しみつつ観ていました。

しらこばとのプリント入り草加せんべいで踏み絵するシーンとかね。

しらこばとのプリント入り草加せんべいで踏み絵ってキーワード自体おもろい。

 

いけそうなら埼玉県内の映画館で観るのオススメですよ。

生の空気感が楽しめます。

 

 

 

 

 

BL要素は予想外でちょっと驚きました。

GACKT演じる麻実麗と二階堂ふみ演じる百美の絡みは、演者的な部分では全然健全さがあるんでまだセーフな感じはありますが、

伊勢谷友介GACKTの濃厚なキスシーンは流石に。

こちとら顔面草まみれよ。

 

あと、いたるところでGACKTの喘ぎ声が館内に響き渡ります。

狙い撃ちが過ぎるぞ。

 

 

 

 

個人評価:★★★☆☆ 

 

空気そのものをイジられた西葛西の住民が地味に一番ダメージ喰らってそう。

昔葛西に住んでたけど香りより治安がヤバい。

 

ではまた。

映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック

映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック

 
このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)