趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。

戦姫絶唱シンフォギアG(2013年/日本) バレあり感想  装者たちが抱えた苦悩や闇の深さを焼き捨てるほどの圧倒的なアツさが魅力的。

 

作画もアツさもキャラもあらゆるものが文字通りパワーアップしたシリーズ第二作。

 

 

戦姫絶唱シンフォギアG

f:id:desno:20190905011341j:plain

 

 Amazonプライム・ビデオ

 

こちらも今なら期間限定で、YouTubeにて全話視聴できます!!

今のうち!!!

※2019年9月いっぱいで無料配信期間は終わったそうです。

youtu.be

 

無印、一期の感想はこちら↓↓↓

dsnblog.hatenablog.com

 

 

以下、二期全体のネタバレを含む感想記事です。

 

 

 

ストーリー

英雄になりたくて仕方がないおじさんのせいで世界が再び危機に瀕する。 

 

 

感想

フィーネの野望を阻止して、ついでにフィーネを改心までさせた第一期のクライマックスでの事件ルナアタックの三か月後から物語が始まります。 

ノイズ自体を全滅させられたわけでは無いのでギア装者たちは対ノイズの為の作戦行動を取っています。

ところが、米国聖遺物研究機関F.I.S.で「フィーネの器」として研究対象にされていた少女達を連れ、F.I.S.研究者の一人だったナスターシャが組織を形成、フィーネの名を組織に与え人類救済の名目の元でテロに等しい行動を始めます。

フィーネは三人のギア装者を擁しています。

それが新キャラであるマリア・カデンツヴァナ・イヴ、暁切歌(あかつききりか)、月詠調(つくよみしらべ)の三人です。

f:id:desno:20190905043435j:plain

 

こういう流れで始まるので、今回のシンフォギアはノイズ対ギア装者というよりも、装者同士の戦いに物語の比重が置かれていました。途中までは。

世界トップクラスの歌姫マリアさんと日本のトップ翼さん、最初は捻くれ系の調ちゃんと闇の深さで世界一のびっきーの対立構造もここに加わります。

 

装者同士の戦い自体は無印でもクリスちゃんとびっきー達の戦いで描かれてはいるんですが、今回はノイズが最早舞台装置でしかなくなるくらいには装者同士の戦いが中心に描かれていて、二期ならではなアツいバトルが堪能できました。途中までは。

 

 

 

 

やがて真の黒幕として本性を現すウェル博士という爆弾を抱えてしまったこのシンフォギアGという作品、見事にカオスを齎してくれました。

f:id:desno:20190905051018p:plain

中盤以降は常に顔面が崩壊してる男。

 ウェル博士が本性と自身の英雄願望という欲望を剥き出しにし始める事で、味方サイドであったマリア達は文字通り困惑しますし、

当初のフィーネの計画や思想を無茶苦茶掻き回しますし、

何よりラスボスとは思えない圧倒的な小者臭に感涙すらしかけます。

 ウェル博士のやり方に賛同するかどうかで、きりちゃんと調が対立する事になってしまったりと正にお騒がせ役。なのにラスボス。変顔ばっかりしてるのにラスボス。

 

 

 

 

最後の最後までウェル博士という宇宙が物語を掻き回し続けるせいで、観終った瞬間の第一印象までこの男に全て持ってかれてしまいそうになりました。

でも他にもたくさん見所があって面白いです。

例えば一期でびっきーが垣間見せた暴走モードが今回も登場し、戦闘面でラスボスになる完全聖遺物ネフィリムを蹂躙してくれました。

f:id:desno:20190905064433j:plain

あくまで成長途中のネフィリム相手とはいえ、圧倒的な攻撃衝動でネフィリムを叩く姿を見せる暴走びっきー。悪役より悪役。

 

今作でも要となる存在であり、前作ラスボスのフィーネが少しだけ再登場するのも好きです。

びっきーとの交流を得て完全に悪意が削げ落ちて、まさしく聖母のような優しさで調ちゃんの意識を乗っ取る事を自ら拒否する懐の深さ。

f:id:desno:20190905070417j:plain

 

 

ガングニールとの融合が進みすぎて死ぬかもしれないびっきーの身を案じるあまり、ガチ泣きしてしまう翼さんとかも良いです。こっちまで涙出る。

キャラクター同士の友情、信頼の描写が今作は格段に増えていました。

f:id:desno:20190905072637j:plain

あの衝撃の絶唱顔を披露した翼さんの涙顔。

 

びっきーの正妻である未来ちゃんが、巻き込まれた末に聖遺物"神獣鏡"(シェンショウジン)のシンフォギアを纏い、びっきーと戦う事になったり、とにかく男のツボをめっちゃ抑えにくるような展開が沢山あって凄く面白いです。

f:id:desno:20190905065827j:plain

 

 

なんならマリアがガングニールを使うってのがもうアツいです。

黒いガングニール。Zガンダムもびっくりの第一話。

f:id:desno:20190905072057j:plain

第一話を観た瞬間に名作を確信できるアニメって早々ないでしょ。二期と言えども。

 

 

 

 

 

ただやっぱり二期でもクリスちゃんが最高すぎるんだわ。

f:id:desno:20190905070822j:plain

どのキャラも基本好きだけど、クリスちゃんがマジで圧倒的。

4話のクリスちゃんが学祭で歌う姿かわいすぎワロタ9話のファミレスクリスちゃん食い方きったねえかわいい10話のクリスちゃん恩人の未来ちゃんと戦うのつらいがんばえ11話で皆を裏切ったと思わせておいてめっちゃ思いやりにあふれてるクリスちゃん強い子翼さんの事先輩って呼ぶクリスちゃんあーーーっ!!あああぁーーーーーっ死にそう死にそう心臓が止ま

 

個人評価:★★★★☆

 

暴走するびっきー、宙に浮かぶ巨大な島フロンティア、トリコロールカラーの船など、ワイルドアームズネタ以外にも何かしらの作品からのオマージュやリスペクトが散見されるところも見所です。

 

びっきー達も、マリア達もそれぞれが抱える苦悩をぶつけ合う事で次第に理解し合い、最後は協力して巨大な悪に打ち勝つという正に王道そのものを、求められる以上のアツさを見せつけてくれるのがシンフォギアGです。

とにかくこのアニメ、話数が進んでも勢いが全然止まらないのが凄いです。

めちゃくちゃ面白かったです。

 

ではまた。

戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
 
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3

戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3

 
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8
 
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4

戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4