趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。これまでこちらのブログで更新していたプラモ等の記事は近々別のブログを作ってそちらでやっていこうと思います。カテゴリ枠増設しました。

★★★★☆

ハンターキラー 潜航せよ(2918年・アメリカ) バレあり感想 潜水艦映画なのに陰鬱さが殆どない。というか超アツい映画。

潜水艦映画にハズレ無し。 『ハンターキラー 潜航せよ』 (Hunter Killer) [asin:B07QSHPZ5W:title] youtu.be 優しめにネタバレ有り。

プリデスティネーション(2014年・オーストラリア) バレあり感想 パラドックスを前提に成立するループ、その一側面を描いた映画。

タイムスリップを題材にした映画の中でも、かなり異色で面白い映画です。 『プリデスティネーション』 (Predestination) プリデスティネーション(字幕版) youtu.be ほんのりネタバレ。 ほんのりです。

スパイダーマン:スパイダーバース(2019年・アメリカ) バレあり感想 お祭り映画の殻を被った王道ヒーロー映画。

レオパルドン期待して観に行ったら なんだかとても丸っこいカワイイロボ出てきたぞ。 『スパイダーマン:スパイダーバース』 (Spider-Man: Into the Spider-Verse) 映画 スパイダーマン スパイダーバース ポスター 42x30cm アニメ 2018 Spider-Man: Into the Sp…

移動都市/モータル・エンジン(2018年・ニュージーランド/アメリカ) バレあり感想 単なるバカ映画かと思いきやスターウォーズみたいな方向性の超面白い娯楽映画でした。

滑り込みで見てきました。 出オチ映画読みだったんですが、蓋を開けてみると下手したら今年一番面白い映画の可能性すら感じる傑作でした。 『移動都市/モータル・エンジン』 (Mortal Engines) 【映画パンフレット】移動都市/モータル・エンジン 監督 クリ…

アリータ: バトル・エンジェル(2019年・アメリカ) バレあり感想 ライトに観れて楽しいサイバーパンク物。

今月先月の洋画大作は『アクアマン』も『ファーストマン』も見逃したけど、これだけはどうしても観たかった。 『アリータ: バトル・エンジェル』 (Alita: Battle Angel) 【映画パンフレット】アリータ バトル・エンジェル youtu.be ネタバレ有りです。

アンブレイカブル(2000年・アメリカ) バレあり感想 一味違うリアル感が魅力。

現在公開中の映画『ミスター・ガラス』が近所の映画館でやってなかった悲しみを、シリーズ過去作の感想記事へと繋げていけ。 『アンブレイカブル』 (Unbreakable) アンブレイカブル(字幕版) ネタバレ要素在ります。

スノーデン(2016年・アメリカ) バレあり感想 彼が何故NSAによる個人情報収集の暴露に踏み切ったのかをヒューマンドラマ絡めながら丁寧に描いた傑作。

米国諜報機関NSAによって世界中の人々が監視されているという事実を暴露した元NSAの男エドワード・スノーデン。 彼を題材にした映画。 『スノーデン』 (Snowden) スノーデン(字幕版) youtu.be ネタバレ要素在り。

メメント(2000年・アメリカ) バレあり感想 作品の難解さ自体が面白い。

クイズ解くの面白いよね的な。 この作品は時系列シャッフルで難解さを出しているので、シーン一つ一つに物凄く集中できるので、観ている最中常に脳がフル回転します。 『メメント』 (Memento) メメント (字幕版) youtu.be 出会って5秒でネタバレしたい。

イット・フォローズ(2014年・アメリカ) バレあり感想 不気味な存在に追われるというより、追われてる状況が怖い。

童貞には絶対に見えない何者かとのフリースタイル形式鬼ごっこ。 童貞でも楽しめる映画です。 『イット・フォローズ』 (It Follows) イット・フォローズ(字幕版) youtu.be ネタバレありと書きつつ、意外とネタバレしてない気がする俺の感想記事。

ハードコア(2016年・ロシア&アメリカ) バレあり感想 "ゲーム的"という部分に面白さを集約した感じ。

日本公開は2017年。 全編一人称視点の映画という事で話題になっていた映画です。 この一人称視点というのも言わばゲーム感を演出する為の一要素なのではないかと個人的に思いました。 かなり人を選ぶ映画だと思います。 でも最近のアクションゲーム好きな人…

ゾディアック(2007年・アメリカ) バレあり感想 狂気と狂気がぶつかり合った結果、素晴らしい本が出来たというお話。

実話を元にした映画の中でも、個人的にこの映画が一番好きかもしれません。 デヴィット・フィンチャーが監督やってるっていうのもりますが、とにかくお気に入りの作品です。 そんで今回改めて観てみて思ったんですけど、出演してる役者が豪華すぎてエライ事…

トライセンデンス(2014年・中国・アメリカ・イギリス合作) バレあり感想 傑作すぎるだろ。人類に訪れるかもしれない次の段階と可能性を描いた映画。

現実問題として、近い未来必ず訪れるであろう技術的特異点(シンギュラリティ)、劇中ではこれを超越(トライセンデンス)と表現します。 この映画は、そんな超越を題材にした物語です。 『トランセンデンス』(Transcendence) トランセンデンス(字幕版) …

ダークシティ(1998年・アメリカ) バレあり感想 超能力、宇宙人、箱庭実験、そして……。

異色のSF、というキーワードがとても似合う映画です。 Huluで観ました。 『ダークシティ』(Dark City) ダークシティ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る youtu.be

ビール・フェスタ 無修正版 ~世界対抗・一気飲み選手権(2006年・アメリカ) バレあり感想 二十歳を過ぎて酒飲めるやつ、この映画を観るときは酒の準備を怠ってはいけない。

格闘技に地下格闘技があるように、ビールの祭典にも裏の世界がある。 それがビールフェスタだ!! 成人の皆さまに於かれましては、この映画を観るときはお酒は事前に準備しておいた方が良いと思います。 準備を怠った僕は深夜4時にコンビニに駆け込みました…

咲-Saki-(2017年・日本) バレあり感想 咲を知っているか知らないかで評価が全く変わるおもしろ映画。

この映画を真に楽しむまでに踏破するべきステップは多いです。 しかしその先に待っているのは、これまでの日本の実写化映画作品に感じるソレとは明らかに異質な、かなり広義な意味合いでの漫画的な面白さです。 咲を知ってるならマジで観るべき。 僕がそんな…

アイアムアヒーロー(2016年・日本) バレあり感想 ゾンビ映画としても漫画の実写化映画としても大当たりだこれ。

ここをキャンプ地とする (富士ロイヤルアウトレットパークにて) 『アイアムアヒーロー』 アイアムアヒーロー youtu.be

殺人ゲームへの招待(1985年・アメリカ) バレあり感想 トリッキーに魅せる巧妙なコメディ風ミステリー。或いはミステリー風コメディか。マルチエンディングもあるよ!

この映画、僕の好きな映画レビュアーの方々の多くがオススメに名前を挙げていてずっと気になっていました。 今回Huluでようやく観る事が出来たんですが、これは確かにオススメしたくなりますね。 原作に当たるものがイギリス発祥のクルードというボードゲー…

MEG ザ・モンスター(2018年・アメリカ) バレあり感想 サメ映画界に激震走ってそう。

サメ映画なのにすげえしっかり作られてる……。 どういうことだ、これサメ映画なんだろ……? 遂にサメ映画界もここまで来たのか。 そんな驚きに満ちた映画でした。 そもそもサメ映画=クソ映画という前提は間違っているという事を再認識するところから始めない…

アントマン&ワスプ(2018年・アメリカ) バレあり感想 ヒーローの活躍っていうより家族の物語がメインかも。あと、最後のあれね。

「いやしかし良い映画だった。 こんなに暖かくてハッピーな映画は久しぶりに観た。 良い気持ちで劇場を出られそうだ」 と思った矢先の出来事でした。 『アントマン&ワスプ』(Ant-Man and the Wasp) youtu.be

カメラを止めるな!(2017年先行公開・日本)やんわりとネタバレあり感想 この映画マジで何度でも観れる。色んな意味で。

こんなに楽しい映画観たのは久しぶりです。 『カメラを止めるな!』 youtu.be

ザ・フューリー 烈火の戦場(2014年・アメリカ) バレあり感想 邦題がやらかしてるけど上質な戦争映画です。戦車映画としても良い出来。

僕達は『ハートアタッカー』で学んだはずです。 下手なノッカリ系二番煎じの邦題映画の中にも名作があるのだと。 『SAINTS AND SOLDIERS: THE VOID』(ザ・フューリー 烈火の戦場) youtu.be

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年・アメリカ) 今更感想 サノス視点で観たらええんじゃよ。

この記事投稿の速攻性の無さは致命的なのでは。 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(Avengers: Infinity War) www.amazon.co.jp www.youtube.com

ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018年・アメリカ) バレあり感想  シリーズ中で一番テーマ性が強い作風でした

シリーズ全体では五作目になりますが、新三部作としては二作目に当たる本作。 三部作映画の二作目ってわりとこう、最終作への繋ぎを意識した内容のものが多いように思うんですが、 本作はむしろ「次どうするんだこれ」って思わざるを得ない形で幕を閉じまし…

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年・アメリカ) バレあり感想 ちょっと懐かしい感じの大げさでバカなアクション満載

特撮ファン一本釣り狙いなのかと思いきや人間側のアクションも豊富。 80年代のバカ映画っぽい空気感が漂う、良い意味でバカっぽい映画でした。 『ランペイジ 巨獣大乱闘』(Rampage) 出典: https://eiga.com/movie/88414/ youtu.be

リトル・ミス・サンシャイン(2006年・アメリカ) バレあり感想 観た後の清々しさが凄まじい。そして、悲しい出来事を上手く笑いに繋げていて楽しい映画でした。

良い……。 『リトル・ミス・サンシャイン』(原題:Little Miss Sunshine) 画像出典: リトル・ミス・サンシャイン - 作品 - Yahoo!映画 リトル・ミス・サンシャイン [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売…

ダークタワー(2018年・アメリカ) バレあり感想 ちゃんと一本の映画として作られてました!

思ってたよりも数倍面白くてもっと早く観にいっときゃ良かったなって。 『ダークタワー』(原題:The Dark Tower) youtu.be

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年・アメリカ) バレあり感想 攻殻機動隊の実写映画としては個人的に大歓迎だし好きですが、辛口評価があるのもわかります。そんな映画。

アメリカで公開された直後に、 物語のテーマに対して解決が見えない、テーマやメッセージがあやふや、みたいな事が一番言われていたように記憶してます。 また予告の段階からホワイトウォッシュだとか素子に白人はどうなんだとかも批判として言われていまし…

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年・フランス,ドイツ) バレあり感想 出来が凄く良いクライムアクション映画でした!面白いぞ!

邦題に妙なサブタイが付いてるせいで敬遠しそうなそこの貴方。 後悔しますよ。 この映画超面白いから!!! あとこの邦題を付けた理由も映画観終わった後多分納得するから!! 原題の『RENEGADES』より日本的にはこっちの邦題が正解だったパターンの奴だから…

オリエント急行殺人事件(2017年・アメリカ) バレあり感想 初見の人も、オチというか結末知ってる人も絶対楽しめると思う

今回めっちゃネタバレしてます。 原作もオチも知らず、まだ観てない人はわりとマジで後悔するかもしれないので気をつけてください。 『オリエント急行殺人事件』(原題:Murder on the Orient Express) 出典:1ZOOM.Me youtu.be

ホビット 決戦のゆくえ(2014年・ニュージーランド・アメリカ) バレあり感想 ここからお祭りファンタジックウォームービー

後はもう全部戦いだけ詰め込んで締めくくっちゃおうっていう潔すぎる最終作。 『ホビット 決戦のゆくえ』(原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies) 出典:Hulu youtu.be