趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。


映画評論・レビューランキング

感想-怪獣、モンスター

地獄の変異(2005年/アメリカ) バレあり感想 この際もう映画の質はどうでもいいと思わせてくれる邦題のセンスの良さ。そして普通に面白い映画だった。

邦題と予告とパッケージがナイスすぎる。 マジで良い仕事してる。 『地獄の変異』 (THE CAVE) 地獄の変異 [Blu-ray] 予告:https://youtu.be/pCw8BF1KMkE ←本当に面白い予告 以下、ネタバレを含む感想記事です。

キャビン(2012年/アメリカ) バレあり感想 怖くないどころか楽しい、ダークな笑いと構造で魅せる映画。

タイトルがドーンと出てくるところでバカ映画を確信。 『キャビン』 (The Cabin in the Woods) キャビン(字幕版) 予告:https://youtu.be/h54WijtVHXU 以下、ネタバレを含む感想記事です。

ライフ(2017年/アメリカ) バレあり感想 結末以外まるで捻りが無い典型的な宇宙パニックホラーだけど、そこが面白かったりする。

真田広之さんが出ている事は観るまで知りませんでした。 めちゃめちゃ良い役どころですね真田広之さん。 『ライフ』 (Life) ライフ (字幕版) youtu.be 以下、ネタバレを含む感想記事です。

ミスト(2007年/アメリカ) バレあり感想 序盤で霧に突入したおばさんと自殺した人達の存在が胸糞エンドに疑問を持たせる。

夏が来るのでホラーをたくさん観ています。 でもやっぱり戦争映画も観ます。 『ミスト』 (THE MIST) ミスト (字幕版) youtu.be 結末の内容を含むネタバレがあります。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年・アメリカ) バレあり感想 怪獣バトル路線こそ怪獣映画の本懐。俺はそう確信した。

モンスターバース第3作目。 『GODZILLA(2014)』で不満点として挙げられていた点が諸々改善された結果、怪獣プロレス大好き人間達へ向けたラブレターのような映画に。 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 (Godzilla:King of the Monsters) 映画 パンフ…

MEG ザ・モンスター(2018年・アメリカ) バレあり感想 サメ映画界に激震走ってそう。

サメ映画なのにすげえしっかり作られてる……。 どういうことだ、これサメ映画なんだろ……? 遂にサメ映画界もここまで来たのか。 そんな驚きに満ちた映画でした。 そもそもサメ映画=クソ映画という前提は間違っているという事を再認識するところから始めない…

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年・アメリカ) バレあり感想 つまらない?でもボスキャラが美女で嬉しかったろ?

僕「女ミイラがボスキャラ? そんなんでイムホテップ超えは無理だろwww」 アマネット「ふん」 僕「セテパイ!!セテパイ!!!」 そんな映画。 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(The Mummy) www.youtube.com

ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018年・アメリカ) バレあり感想  シリーズ中で一番テーマ性が強い作風でした

シリーズ全体では五作目になりますが、新三部作としては二作目に当たる本作。 三部作映画の二作目ってわりとこう、最終作への繋ぎを意識した内容のものが多いように思うんですが、 本作はむしろ「次どうするんだこれ」って思わざるを得ない形で幕を閉じまし…

パシフィック・リム: アップライジング(2018年・アメリカ) バレあり感想 イェーガーに必要なのは重厚感。重厚感なんだよ。

待望の続編だったんですが、観に行くのも遅ければ感想上げるのも遅い!! 4月に公開した映画の記事をこのタイミングで書くって中々ですね! しかもまだこの後に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の記事も出します!ディレイ!! 『パシフィック・リ…

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年・アメリカ) バレあり感想 ちょっと懐かしい感じの大げさでバカなアクション満載

特撮ファン一本釣り狙いなのかと思いきや人間側のアクションも豊富。 80年代のバカ映画っぽい空気感が漂う、良い意味でバカっぽい映画でした。 『ランペイジ 巨獣大乱闘』(Rampage) 出典: https://eiga.com/movie/88414/ youtu.be

タイタンの逆襲(2012年・アメリカ) バレあり感想 

『タイタンの戦い』の続編にあたる作品です。 全体的に前作をより洗練したような印象の映画でした。 『タイタンの逆襲』(Wrath of the Titans) youtu.be タイタンの逆襲 (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Prime Video タイタンの逆襲 (字幕版) 発売日:…

タイタンの戦い(2010年・アメリカ) バレあり感想 詰め込んで駆け足気味なストーリーはともかく、情景とデザインが素晴らしい

81年に公開された同名タイトル作品のリメイク映画となるのが本作です。 ちなみに81年版の監督はあのレイ・ハリーハウゼン。 そういう事もあってか、リメイク版の本作も特撮やクリーチャー周りに関しての拘りが垣間見れます。 『タイタンの戦い』(原題:Clash…

ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 ネタバレ感想レビューまとめ

次が最終章って事もあってか、色々とまとめて繋いでいく感じの内容でした。 全7話とコンパクトな仕上がりですが、最終章は全6話と更に密度を上げてくるっぽいです。 そしてアマプラに遂にゲーム・オブ・スローンズが来たんで、折角だからアマプラ版と今まで…

エイリアン: コヴェナント(2017年・アメリカ) バレあり感想 色々な意味で”アナザー”な感じのエイリアンって印象

世間的に賛否両論オブ賛否両論らしいですよ。 ホントに真っ二つくらいの勢いで評価が分かれていると。 そんな評価を事前に聞きつつも本日観てきました。 『エイリアン: コヴェナント』(原題:Alien: Covenant) youtu.be

ヴァン・ヘルシング(2004年・アメリカ) バレあり感想 ユニバーサル映画の名物モンスター達のお祭り騒ぎが観られる

ユニバーサルピクチャーズは、今年公開された映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を第一作として、ダークユニバースというシリーズをスタートさせました。 これもホントは『ドラキュラZERO』って映画からシリーズが始まるはずだったのが色々あったみたい…

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年・アメリカ) バレあり感想 グロ注意

僕は映画のシリーズ物は公開順でそのまま追っていくタイプです。 でも、本作を観終わった時、そのまま『遊星からの物体X』を観たくなって結局観ちゃいました。 ラストの繋げ方がたまんねえわ!! 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(原題:THE THING…

遊星からの物体X(1982年・アメリカ) バレあり感想 グロ注意

メインテーマ曲がめっちゃ良い。 というか耳に残りますね。 凄いサントラ欲しくなった。 『遊星からの物体X』(原題:THE THING) youtu.be この映画もいつか観よう観ようと思っていながら中々観れなかったんですけど、 ほんと、ほんともっと早く観ておくべき…

ジョーズ(1975年・アメリカ) バレあり感想

マジでちゃんと観たのは今回が初めて。 『ジョーズ』(原題:JAWS) youtu.be すっごく小さい頃、たぶん幼稚園くらいの時に一回だけ観たので一応初見じゃ無いです。 その時はスピルバーグの映画、特に『E.T.』や『未知との遭遇』なんかが好きで、そういう雰囲…

キングコング: 髑髏島の巨神(2017年・アメリカ) バレあり感想 やっぱり怪獣映画はこういうのが良いんだよ!!

日本公開から一週間以上経ってしまいましたがようやく観る事が出来ました。 他にもたくさん見たい映画があったんですが、色々なものに金使い過ぎて死ぬかも知れなかった為『ラ・ラ・ランド』『パッセンジャー』の二作品は泣く泣く断念。 そんな隙あらば自分…