趣味と向き合う日々

映画やアニメなどの映像作品、音楽、プラモデルといった趣味に関して気ままに書いています。記事の検索はタグか検索枠からどうぞ。

殺人ゲームへの招待(1985年・アメリカ) バレあり感想 トリッキーに魅せる巧妙なコメディ風ミステリー。或いはミステリー風コメディか。マルチエンディングもあるよ!

 

 

 

この映画、僕の好きな映画レビュアーの方々の多くがオススメに名前を挙げていてずっと気になっていました。

今回Huluでようやく観る事が出来たんですが、これは確かにオススメしたくなりますね。

 

原作に当たるものがイギリス発祥のクルードというボードゲームだそうです。

ボードゲーム由来という事もあってか、色々な意味で楽しい映画になっています。

内容はちゃんとミステリーしてるんですが、コメディ全開なドタバタと極めてトリッキーな展開が続きます。

 

 

 

『殺人ゲームへの招待』(Clue)

殺人ゲームへの招待 (字幕版)

殺人ゲームへの招待 (字幕版)

 

続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年・日本) ざっくりバレあり感想 

 

 

原作のファンで、アニメも劇場版も神と神もほぼすべて観ていて、ドラゴンボール超にはまだ手を付けてない僕が観た復活のFのざっくりした感想。

 

 

 

ドラゴンボールZ 復活の「F」

ドラゴンボールZ 復活の「F」

ドラゴンボールZ 復活の「F」

 

youtu.be

 

続きを読む

青鬼 (2014年・日本) バレあり感想 鍵を握るのはドアバグなのか。『青鬼』を知っているのなら、この映画はとても楽しめる。

 

 

『青鬼』って実写映画化されてたんですよね。

青鬼は元々RPGツクール製のフリゲで、ニコニコ辺りに投稿されたゲーム実況系の動画で人気に火が付いて一躍メジャーになったゲームです。

『ゆめにっき』という先行例もあり、RPGツクールフリーゲームに再度注目が集まるきっかけにもなりました。

そういやフリゲが映画化された例ってあんまり聞きませんね。

 

 

当時から実写映画化されたという話は風のうわさで聞いていましたが、どうせしょうもない事になってんだろうと思ってチェックする事もありませんでした。

そんな実写版青鬼、Hulu漁ってたら見つけちゃったんで、観てみました。

 

あの、やっぱあれですよ。

しょうもない しょうもない 言ってるだけで食わず嫌いしてる奴が一番しょうもないですよ。

そんな事を学べた映画。

 

 

 

『青鬼 -アオオニ-』

青鬼

青鬼

青鬼

 

youtu.be

 

続きを読む

ザ・プレデター(2018年・アメリカ) バレあり感想 いまいちパッとしない。けど好きな部分もある。

 

いまいちパッとしない(明度的な意味で)。

 

 

 

ザ・プレデター』(The Predator)

ポスター/スチール写真 A4 パターン8 ザ・プレデター 光沢プリント

youtu.be

 

続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年・アメリカ) バレあり感想 サメ映画界に激震走ってそう。

  

サメ映画なのにすげえしっかり作られてる……。

どういうことだ、これサメ映画なんだろ……?

遂にサメ映画界もここまで来たのか。

 

 

そんな驚きに満ちた映画でした。

そもそもサメ映画=クソ映画という前提は間違っているという事を再認識するところから始めないといけませんね。

かなり良い映画。

 

 

 

MEG ザ・モンスター』(The Meg)

ポスター/スチール写真 A4 パターン4 MEG ザ・モンスター 光沢プリント

youtu.be

続きを読む

【プレデター】新作がそろそろ公開されるのでざっくりシリーズを振り返る ※ネタバレあり

 

2018年9月14日にプレデターシリーズの最新作ザ・プレデターが公開されます。

立ち位置としては初代プレデターの直接的な続編という事らしいです。

 

そうなってくると『プレデター2』と『ザ・プレデター』の二作品の立ち位置がどうなるかとかわりと気になります。

一部のゴジラシリーズのように初代以降の世界観をそれぞれ好き勝手に作るスタイルのシリーズとかもありますし、そういうスタンスになるのかも。

 

youtu.be

 

この記事はプレデターシリーズ三作とAVP二作を超ざっくりと振り返っているだけの記事です。

f:id:desno:20180907165111j:plain


 

続きを読む

ワイルドスピードx3 TOKYO DRIFTは今改めて観たらきっと面白いと思う。

 

ワイルドスピード(The Fast and the Furious)シリーズは今や計8作品も制作されている超人気大作カーアクションムービーです。

今更僕が概要なんて書く必要が無いくらい有名なシリーズですね。

 

またこのシリーズ、一度人気が落ち込んでから奇跡の大復活を果たしたことでも有名です。

そして、特にファンの間でシリーズ中最も戦犯のように扱われているのがワイルドスピードx3 TOKYO DRIFT』(The Fast and the Furious: Tokyo Drift)でした。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (字幕版)

 

公開当時から結構微妙な評価をされていましたが、シリーズが進むごとにその微妙な評価に更に拍車がかかっていきます。

というのもこの作品はシリーズ中最もスピンオフ感の強い作品であり、また時系列的にも特殊な位置にあった事、ストリートレースというより峠攻めが主体である事など諸要因ありますが、とにかく今では殆ど語られる事も無くなってしまいました。

 

そんなトーキョードリフトの話でもしようかなと思ってます。

ちなみに僕は今も昔もトーキョードリフトがシリーズ内でトップ3に入るくらい好きです。

続きを読む

【ゾイド】1/35スケール グラキオサウルス【キットレビュー】

 

 

 

デカすぎワロタ

 

 

ひとまずこのグラキオサウルスで今のところ発売されているゾイドワイルドシリーズの機体は一通りレビューし終える形になるので、明日からはまた地味に何かしらの感想記事だったりがメインに戻ります。

長々と自己満に費やしてしまいました。

 

けど今月末にはまた3体新型出ちゃう!!!

 

 

 

 

『グラキオサウルス』(1/35スケール組み立てキット)

f:id:desno:20180903035732j:plain

ZOIDS ゾイドワイルド ZW08 グラキオサウルス

ZOIDS ゾイドワイルド ZW08 グラキオサウルス

 

 

続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2017年・アメリカ) さくっとバレあり感想 

 

最近トム・クルーズの映画ばっか観てる気がする。

 

 

『バリー・シール/アメリカをはめた男』(American Made)

バリー・シール/アメリカをはめた男(字幕版)

youtu.be

続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年・アメリカ) バレあり感想 ヒーローの活躍っていうより家族の物語がメインかも。あと、最後のあれね。

 

 

「いやしかし良い映画だった。

こんなに暖かくてハッピーな映画は久しぶりに観た。

良い気持ちで劇場を出られそうだ」

と思った矢先の出来事でした。

 

 

 

アントマン&ワスプ』(Ant-Man and the Wasp

アントマン&ワスプ/IG2625 下敷き

youtu.be

 

続きを読む