趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。

1/144 高機動型ザク(Wフィールド防衛戦仕様) 改造ガンプラ/HGUC ザクF2 & HGUC ジョニー・ライデン専用ザク ミキシング

 

これは確か、高機動型ザク系のパーツがHGUC規格でどんどん世に流通し始めてきた頃に作り出して、多分16年ごろにほぼ完成してたやつです。

 

「折角だから俺もなんかこうオリジナルのエース機みたいなの作りたいな」みたいな衝動がね。

 

 

高機動型ザク(Wフィールド防衛戦仕様)』

f:id:desno:20180105030557j:plain

 

設定としては、

UC0079のア・バオア・クー攻防戦にてもっとも公式設定で言及されてない戦場 、Wフィールドにて連邦軍の特務部隊と一戦やりあってた謎の機体みたいな。

公式設定を脅かさない事に必死なんだよね。

 

 

 

 

■正面

 

 

f:id:desno:20180105030624j:plain

ジョニー・ライデン専用高機動型ザクとザクF2を組み合わせてます。

 

HGUC 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク (MSV)

HGUC 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク (MSV)

 
HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 ジオン軍仕様 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 ジオン軍仕様 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

 

 

 

右手に持っているのはジ・オリジンのザク系 に付いている対艦ライフルです。

 

 

■背面

 

f:id:desno:20180105031312j:plain

パテやジャンクパーツで形状変えたりとか全くやってません。

ジョニザクとF2ザクをミキシングしただけの代物になってます。

 

ただジョニザクの高機動型の脚は最終版というか、一年戦争中で一番性能いいやつで、

こんな適当設定の改造ガンプラの脚にしてしまうのはアレな感じがしなくもないです。

 

 

 

 

 

武装

 

f:id:desno:20180105032005j:plain

 

右腕のは上記のようにオリジンザクのものをまんま。

シールドにマウントされている武装もジョニザクのものをそのまま全て載せています。

 

で、バランスが流石に悪くなるだろうという事で、左手にはシールドスパイクを持たせてます。

シールドは両側面にミサイルポッドを付けてます。

 

誘爆不可避。

 

 

 

■まとめ

 

謎のエース機ってことでとりあえずエースなのか一般機なのかよくわからなさそうなカラーリングにしたつもりですが、

カーキが意外と目立つんですね。

f:id:desno:20180105032429j:plain

 

本当にオーソドックスなミキシングでHGUCのザク系を混ぜただけです。

 

ベースにしたキットも個人的には未だにザク系の最高傑作だと思っているHGUCのザクF2で、

元が良いからなのか適当な改造と思えないくらい引き締まって見えます。

それを撮影で表現するべきだよね。

 

 

そしてこのミキシングで上下分割されたザク達は当然同様の部位が余りました。

だからその余りを使ってまた別のザクを作る事になりました。

 

ではまた。