趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。

ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!(2019年/日本) バレあり感想 ペリーヌとルッキーニの活躍の少なさにそれとなく事情を感じるストパンの番外編アニメ。

 

ストライクウィッチーズのスピンオフ的なアニメ。

原作は同名タイトルの漫画作品であり、いわゆる同人的なパラレル要素が含まれます。

その関係でキャラデザも変わっていますが、楽しいアニメなのは間違いないです。

 

 

 

 『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』

【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!  下巻  ( 全巻購入特典:藤林真描き下ろしイラスト使用B2布ポスター引換シリアルコード付 ) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! 下巻 ( 全巻購入特典:藤林真描き下ろしイラスト使用B2布ポスター引換シリアルコード付 ) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! 上巻 ( 早期予約特典:島田フミカネ描き下ろしイラスト使用A3イラストボード付 )( 全巻購入特典:藤林真描き下ろしイラスト使用B2布ポスター引換シリアルコード付 )( イベント優先販売申込券付 ) [DVD]

youtu.be

 

ネタバレもクソも無いですが一応その要素を含む感想記事です。

 

 

 

 

ストーリー

 

ネウロイとの戦闘に明け暮れるウィッチ達の日常を描く。 

 

 

感想

 

 

エーリカ主役か?

 EMT勢の陰謀なのか?

 

 501部隊のキャラクターは基本的には全員登場するアニメなのですが、

原作がそうなのか10年コンテンツの運命なのか、或いは声優のギャランティの関係なのか、とにかく主に活躍するキャラクターがかなり偏っていたように思います。

 

芳佳、エーリカ、バルクホルン、シャーリーはほぼエピソード皆勤賞です。ウィッチじゃないけどみっちゃんも一応皆勤賞ですね。

次点でもっさん、ミーナ、リーネ、エイラ、サーニャの登場回数が多かった印象です。

f:id:desno:20190725124256j:plain

 

ペリーヌさんとルッキーニの登場と活躍シーンは極端に少なかったです。

この二人は後半になるまで殆ど登場しませんし、出てきても二言三言で終わる事が多かったです。

 

ペリーヌを演じるのは沢城みゆきさん、ルッキーニを演じるのは斎藤千和さんです。

どちらも今やベテラン声優さんですし、やはり15分アニメに毎度お呼びするのはギャラ的に少し難しかったのかもしれません。

あくまで素人読みの予想ですが、もしその関係で登場が削られてしまったとしたら、理解は出来ますが少し悲しいです。

 

 

 

 

 

 

俺はペリーヌさんが好きなんだよ!!

クソォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

悲しいぺリ。

折角第一期の時系列ベースの日常アニメなのに。

一期では圧倒的に嫌なやつ枠だったペリーヌさんの評価が挽回できるチャンスだったのに。

f:id:desno:20190725122940j:plain

今作では嫌なやつ感がゼロだったのでそこは非常に評価できるぺリ。

 

ルッキーニも登場が少なく、今作ではシャーリーとルッキーニのコンビをあまり見る事ができません。

OPではシャーリー、ルッキーニ、エーリカの三人が悪戯しているシーンもあるんですけどね。

 

ただ、そもそも多くのエピソードはエーリカとシャーリーの悪戯中心みたいな部分もあり、そこにツッコミ枠としてバルクホルンと時々芳佳ちゃんが加わるような形式なので、偏って当然と言えば当然なんですけどね。

話の内容も基本的に面白いし。

 

 

 

 

そのエピソード内容は全てウィッチ達の日常をゆるく描いたものですが、決してゆるふわな日常モノではありません。

シュールギャグの色が強かったです。

f:id:desno:20190725130450j:plain

 

そして、ネットや同人界隈でそれとなくネタにされていた要素なんかも拾われていて少し驚きます。黒リーネちゃんとかね。

それに加えてキャラクター自体の個性や特徴が、かなり誇張されている部分があります。最早作中でバルクホルンさんのことゴリラ呼ばわりしちゃってたりね。

 

また、時系列に合わせた関係か、今作の最終話は第一期最終話とエピソード的にはリンクしていますが明確にパラレルな展開になります。

この辺りは同人的なネタの解釈の仕方が許容できるかどうかで好みが分かれそうです。

僕はかなり好みのアニメでしたが、キャラデザが変わって話の内容も微妙にパラレルとなると、往年のファンの中にも困惑する人が出てきそうな気がします。

 

ただ本編も、ミーナさんの無慈悲なお尻でネウロイがぶち殺されるようなアニメなので、そんな困惑する人は居ないと思いますが。

 

 

 

 

個人評価:★★★☆☆

 

このアニメ、なんとまさかの劇場版が決定しており、この先もまだまだ501統合戦闘航空団の日常が楽しめるみたいです。

youtu.be

しずなつ出るんか。

 

登場キャラクターの偏りが少し気になるものの、基本的には毎話楽しめたアニメでした。

各話15分程度なので気軽に観られるのも良かったです。

わりと明確にキャラクターモノのギャグアニメとして作られていると思いました。

 

 

 

それと、ストライクウィッチーズの第一期、第二期、劇場版、OVAが全部詰まったコンプリートボックスがいつの間にか出ていました。

 やばいこれは。

 

 

ではまた。

 

 

 

同じワールドウィッチーズ企画のブレイブウィッチーズも忘れないで。